くろきん 幹事様必見!オススメ居酒屋探訪記 〜くろきん 門前仲町本店 料理がうまくて、酒類が豊富で、居心地が良くて、値段も手頃…。そんな魅力的な居酒屋をご紹介する「オススメ居酒屋探訪記」。今回は、門前仲町駅からほど近くにある『くろきん 門前仲町本店』。居心地の良さに誘われて、今日も多くのお客様で賑わっています。

扉を開けると店員さんの元気なあいさつがお出迎え。ほどよく賑やかな店内では、日も暮れきらないうちから多くのお客様がワイワイとビールと料理を楽しんでいます。今回ご紹介するのは、『くろきん 門前仲町本店』です。なぜ多くのお客様にこれほど愛されているのか、その秘密を徹底的に調査したいと思います。

メニューにはおいしそうな料理がいっぱい! どれを頼むか迷っちゃいます!

どれどれ、とまずはメニューを見てみます。おつまみは、枝豆やトマトスライスなどのスピードメニューから、串焼き、縞ほっけ、鶏から揚げの定番メニュー、女性にうれしいサラダなどのヘルシーメニューまでひと揃い。これなら好みにうるさいメンバーで来店したとしても大丈夫。しかもデザートまであるところがニクい。その中でも、ひときわ目につくのがもつ鍋のメニュー。そう、ここ『くろきん』のイチ押しがもつ鍋をはじめとする“もつ料理” 。もつ鍋以外にも、もつ焼き、ちりとり焼きが揃っています。とってもビールに合いそう。なんだかいろんなこだわりが詰まってそうです。

こだわりのなさが、こだわり!?その真意とは・・・?

「いえいえ、こだわりがないのが私たちの強みだと思っているんです」と『くろきん』の渡邉さん。これは私の「料理へのこだわりはどこですか?」という質問に対する答え。「私たちの目指すところは、いかにお客様に“居心地のいい空間を提供できるか”ということ。例えば料理に対するこだわりも、空間に対するこだわりも、ともすればお客様にとって窮屈に感じたり、ストレスを与えたりしてしまうかもしれません。あくまで、主役はお客様。心地良い時間を『くろきん』で過ごしていただきたいですね」。

キリッと冷えたスーパードライで味わう、オススメのもつ料理!

「そうは言っても、居酒屋にはやっぱりうまいビールが欠かせません。当店のアサヒスーパードライと“もつ”との相性は抜群。辛口が“もつ”のうまみをより一層引き立ててくれますよ。ぜひ味わっていただきたい組み合わせです。もつ鍋に使っている味噌は、厳選した数種類の味噌をブレンドしたもの。この味噌でつくる味噌ラーメンも当店のオススメ料理です」。あれ、こだわりは一切ないって言っていませんでしたっけ?渡邉さん。「いえいえ(笑)。確かに味噌は独自ブレンドですが、“当店秘伝の味噌”みたいな謳い方はしません。こだわりではなく、あくまで料理をおいしく頂いてもらうための“工夫”です」。ところで、スーパードライ以外にも、いろんなお酒が揃っていますね。「はい、焼酎は芋、麦、黒糖、しそ。珍しいところでは、やき芋焼酎もあります。サワーも通常のものから、生しぼりサワー、日本酒、ワイン、梅酒。お酒の飲めない人にもソフトドリンクをご用意しています」。ソフトドリンクだけでも8種類も!「やっぱりお酒が飲めない人にも楽しかった、おいしかったと思っていただきたいですからね」。むむむ、『くろきん』に抜かりはない。

営業時間もお客様次第!『くろきん』の考えるおもてなしとは?

「営業時間も、お客様次第。ご予約いただければ基本的に24時間いつでもご利用いただけます」。それはすごい!大変じゃないですか?「大変と言えばそうですが、こうした営業時間のご提供もお客様の利便性を考えればこそ。こうした明るい時間から多くのお客様に来ていただけるのも、『くろきん』だったらやっているという安心感があると思うんですよね。上司の方と一緒にお店まで行ったはいいけどまだ開店してなかった…という経験はサラリーマンの方なら誰でもあると思うんです。気まずいですよね。そういったお客様目線で見たホスピタリティをお届けできるように考えているんです。まだ至らない点はありますが」。いえいえ、24時間対応なんてどこでもできることじゃありません。すごい!宴会メニューも充実しているし『くろきん』はまさにサラリーマンの味方!最後に、渡邉さんからのメッセージ「日本を支えるサラリーマンの皆さん、ぜひ『くろきん』で英気を養って明日への活力にしてください!」。

店舗情報

くろきん 門前仲町本店

住所:
東京都江東区富岡1-22-26
門前仲町ダイヤマンション1F
アクセス:
地下鉄東西線 門前仲町駅 1番出口を出て左へ直進。
徒歩2分